にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ

長崎定番グルメ トルコライス ミルクセーキ 喫茶店・カフェ 鍛冶市通り商店街周辺 思案橋駅周辺 油屋町

長崎名物:ツル茶ん (つるちゃん)のトルコライスとミルクセーキを食す

長崎の地元民の方が、県外からお客さんが来た時に、必ず連れていくのが「ツル茶ん」という名前の喫茶店。

僕自身も、結婚前に、長崎出身の妻から連れてきてもらい「ツル茶ん」を知りました。

「ツル茶ん」は1925年(大正14年)創業の九州最古の喫茶店。

初代店主が考案した食べるミルクセーキ「元祖 長崎風ミルクセーキ」は、今では長崎名物のひとつとなっています。

また、このお店で食べることができる「昔懐かしトルコライス」も、ミルクセーキと同じく長崎名物として人気を集めています。

それでは、店内へレッツゴー

こちらが店内に入ってすぐの1階の様子。

レトロな喫茶店という感じでしょうか。

今回、僕ら夫婦は1階入り口右手のテーブル席に座りました。

ちょいと2階に上ってみます。

こちらが2階の様子。

ちなみに3階にも席があり、ぐるなびのデータによれば総席数は100席。

かなりの席数ですが、お昼時など時間帯によっては、すぐに満席になる人気店です。

こちらがメニュー

人気ナンバーワンは「昔懐かしトルコライス」

ちなみに、新メニューの「ジパングトルコ」も人気なようです。

なお、今回は、あえて人気ナンバーワンは外して、僕は「RYOMAトルコ(1,580円)」を注文。

妻は「トルコ三四郎(1,580円)を注文しました。

そして忘れてはいけないのが「ミルクセーキ」

食事を頼めばハーフサイズも注文できるのですが、今回はあえて普通サイズを注文。

「元祖長崎風ミルクセーキ(720円)」を食後にいただきます。

じゃじゃーん

注文後10~15分くらいたったでしょうか、「RYOMAトルコ」の到着です。

「RYOMAトルコ」は、ビフカツと和風海鮮パスタとピラフの組み合わせ。

長崎のトルコライスは、お店やメニューによって、この3つの組み合わせが無数に楽しめるのが特徴です。

じゃじゃーん

こちらは妻が注文した「トルコ三四郎」

先ほどの「RYOMAトルコ」とは異なり、牛ロースステーキチーズ焼きと和風クリームパスタとピラフの組み合わせ。

人それぞれ好みはあると思いますが、妻にひと口食べさせてもらった感じでは、僕はビフカツよりも牛ロースステーキのトルコライスのほうが好みでした。

RYOMAじゃなくて三四郎にしとけばよかった!(笑)

じゃじゃーん

こちらがトルコライスを食べた後に運ばれてきた「元祖長崎風ミルクセーキ(720円)」

なかなかボリューミーなので、夫婦2人で分けて食べました。

というわけで今回は、長崎名物、ツル茶んのトルコライスとミルクセーキを紹介いたしました。

長崎では、いろんなお店でトルコライスやミルクセーキを食べることができますが、その中でも一番有名なお店といっても過言ではないので、まずはツル茶んをおさえておくとよいのではと思います。

ツル茶ん (つるちゃん)

住所:長崎県長崎市油屋町2-47

営業時間:9:00~21:00(L.O)

定休日:無休

席数:70席

スポンサーリンク

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ

おすすめ記事

-長崎定番グルメ, トルコライス, ミルクセーキ, 喫茶店・カフェ, 鍛冶市通り商店街周辺, 思案橋駅周辺, 油屋町

Copyright© 長崎里帰りグルメ紀行 , 2020 All Rights Reserved.