にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ

長崎定番グルメ 茶碗むし 浜町アーケード周辺 浜町

長崎名物:吉宗(よっそう)の茶碗むしを食す【長崎市浜町】

せっかく長崎に来たからには、長崎名物を食べて帰りたい。

そんなときに思い浮かぶのは、ちゃんぽん、皿うどん、トルコライスあたりだと思いますが、忘れてならないのが「吉宗の茶碗むし」です。

吉宗と書いて”よっそう”と読むこのお店は、慶応二年(1866年)創業、150年以上続く茶碗むし専門店。

こちらがお店の入り口。

先日、妻と訪れた際は、左側の階段から2階の席へ案内されました。

階段上って、2階右側がお座敷席、左側がテーブル席です。

こちらはテーブル席

そして、こちらがお座敷席。

今回、僕ら夫婦はお座敷席に案内されました。

こちらがメニュー

吉宗の茶碗むしは、茶碗むしだけでなく、酢飯を蒸した”蒸寿司”を添えて「夫婦むし」として出されるのが大きな特徴です。

それぞれ単品でも頼めはしますが、この”蒸寿司”がまた絶品なので、揃ったものを注文することをおすすめします。

今回、僕は「茶碗むし定食(1,980円)」を注文しました。

妻は「角煮定食(1,705円)」を注文。

角煮も長崎名物のひとつ。

美味しそうですね。

他にも、天丼、かつ丼、親子丼、お子様ランチ・・・

お寿司や卓袱料理(しっぽくりょうり)などもメニューには掲載されていました。

じゃじゃーん

注文後、10~15分くらい待ったでしょうか。

茶碗むし定食の到着です。

茶碗のふたをあけると、美味しそうな茶碗むしと蒸寿司が。

どうですか!

めちゃめちゃ美味しそうじゃありません?

長崎に来たら、ほんと、これ食べなダメですよ(^^)

鶏肉

えび

他にも、穴子、椎茸、キクラゲ、タケノコ、銀杏など10種類の具材が入った絶品の茶碗むしです。

こちらが蒸寿司

う、美しい!

黄色は”錦糸卵”、茶色は”穴子のそぼろ”、ピンクは”タラの桜でんぶ”という三色ですが、見た目の綺麗さだけではなく、味も美味しく、食べると幸せな気持ちになれる一品です。

こちらは妻が注文した角煮定食

角煮

角煮定食には、少し小さめの茶碗むしがついていました。

食事を楽しんだ後は、「お持ち帰り処」でお土産を買って帰ることもできます。

こちらは”有田焼”のお茶碗付きのセット。

プレゼントとしても喜ばれそうな感じですね。

というわけで、今回は、長崎名物「吉宗の茶碗むし」を紹介しました。

ぜひ長崎観光の際は立ち寄ってみてくださいね。

吉宗(よっそう)

住所:長崎県長崎市浜町8-9

営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)

定休日:毎週火曜、正月

席数:130席(1階和風レストラン20席、2階大広間60席、中広間30席、掘りごたつ式小部屋20席)

スポンサーリンク

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ

おすすめ記事

-長崎定番グルメ, 茶碗むし, 浜町アーケード周辺, 浜町

Copyright© 長崎里帰りグルメ紀行 , 2020 All Rights Reserved.